© 2023 by by TETSUJI YAMAMOTO. JHA

displacement direction

産業的生産様式そのもののデプラスマン(転移)が、資本・環境・文化の経済のために要されます。
学ぶ環境

hospitality education

 

自律的な<学ぶ>行為の環境を創っていく事です。

 

ホスピタリティ教育

 

アカデミー形成

  • 教育方法学センタ

  • H研究センター

  • H文化様式学科

  • Hデザイン学科

  • Hツーリズム学科

  • H技術学科

  • Hビジネス学科

  • H場所設計学科

癒しの環境

hospitality cure

 

他律的な医療サービスに代わって、自律的治癒を支えるホスピタリティ医療環境とその健康環境を、多彩に創り出していく事です。

健康・元気は個人の生涯時間へ関わっていることです、その過程における痛み・病い・死へのホスピタリティ技術の開発が、身体・心において要されます。

 

 

ホスピタリティ医療

モビリティの環境

hospitality of mobility

 

自動車速度の都市環境・生活環境に対して、歩く速度・自転車速度が中心の都市設計、生活環境設計をなしていくことです。自転車がいま無秩序になっているのは、自動車速度の代行をしているからで、歩く速度の補完となっていないためです。

道路環境を人の暮らし環境のために見直し、その多様な活用機能をさぐり、交通環境の多元速度の均衡をはかり、場所間交通を活かしていくことです。自律エネルギーを麻痺させる他律エネルギー支配からの脱却です。

 

ホスピタリティ・モビリティ

convivialな環境へのretooling

生産性productivity優先に代わって、人と<もの>と環境のコンビビアルな世界を創出すべく、道具の配置換えをなしていくことです。

 

「道具toolsは、社会関係にとって本質的である。人は、道具の主人となっている程度に応じて世界を自分で意味づけることができる。」

Ivan Illich